江戸落語・寄席のコロナ復興応援プロジェクト!「笑点」ファン必見クラウドファンディング

江戸落語・寄席のコロナ復興応援プロジェクト2021

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による休業や入場規制で苦しい状況にある東京都の「寄席」や「落語文化」に対する応援プロジェクトを紹介します。江戸時代から続く寄席をコロナ禍から救うため、落語協会会長の柳亭市馬氏や「笑点」でお馴染み落語芸術協会会長の春風亭昇太氏がタッグを組んで『寄席応援プロジェクト』を立ち上げました。プロジェクトは、クラウドファンディングサイト「レディーフォー」を通して全国から支援者を募り、集まった支援金を寄席興行運営費として活用します。

東京都の寄席、江戸落語を応援するプロジェクト|クラウドファンディング

コロナ禍の「寄席」支援プロジェクト|収束後は、江戸落語を楽しもう!

長引く新型コロナ感染症拡大により東京都は3度目の「緊急事態宣言」となり、都内にある「寄席」は、歴史上初めてとなる長期休業や時短営業を強いられています。このため、各寄席では毎月200万〜300万もの赤字が出ていますが、残念ながら国からの補償は雀の涙ほど。固定費を支払うことも出来ず、明日にも廃業してしまうかもしれない寄席もあるほど、事態は逼迫しています。

寄席の現況について

このような状況を受け、落語協会と落語芸術協会が手を取り合い、江戸時代から続く「寄席」と落語文化を継続させるため、クラウドファンディングサイト「レディーフォー(READYFOR)」にて『寄席支援プロジェクト』を立ち上げました。

寄席・落語文化への支援プロジェクト

「落語・寄席」文化支援プロジェクト|クラファンで応援!

まずは、両会長(柳亭市馬・春風亭昇太)からの挨拶をご覧ください。全国から何千人もの支援者が集まり、プロジェクト開始4日目でなんと5,000万円以上の支援金が集まっています。プロジェクトでしかないオリジナルのリターンもあるので落語ファンの方は見逃せません。

【支援募集期間】
~2021年6月30日23:00まで

支援はこちら。プロジェクト公式サイト

支援金の活用について|レディーフォー(READYFOR)で支援者募集中!

寄席支援プロジェクトで集まった支援金の活用について
「寄席支援プロジェクト」より

クラウドファンディングで集まった支援金は、「鈴本演芸場、新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、上野広小路亭」の5軒の寄席の興行運営費として活用されます。

・席数制限等を実施しながらの寄席継続のための資金
・休席中の夜公演を再開するための資金(鈴本演芸場)ほか

資金活用方法の詳細は、公式サイトにて確認してください。

プロジェクト公式サイト

クラウドファンディングで飲食店や医療従事者を応援!

全国で拡大中!飲食店や医療従事者支援に参加しよう!

新型コロナウイルス感染症拡大の影響が長期化し、飲食店を始めとする様々な業界が苦しい状況です。全国的に感染者が増えるなか、クラウドファンディングサイトでは、最前線で治療にあたる医療従事者への支援プロジェクトや、営業時間の自粛や短縮で大きなダメージを受けている飲食店などへの応援を目的としたプロジェクトなどが数多く立ち上がっています。

【ユアベス】医療従事者を「ごちめし」で応援!

【ユアベス】医療従事者へ食事提供で応援!コロナ支援/東京・千葉・神奈川・埼玉


当サイトでも様々なプロジェクトをピックアップして紹介しています。

クラウドファンディング紹介ページへ


全国の割引クーポン掲載中

新型コロナウイルスによる観光支援のための宿泊割引クーポンを紹介。
ふっこう割、希望割情報も随時更新!